Blog

ブログ

ログ一覧

タクシー手配アプリ「Grab」の使い方

1Blog9その他
その他
2018年11月14日

タクシー手配アプリ「Grab」の使い方

 

こんにちは、WAKIです。

前回の記事に引き続き、携帯電話関連の記事です( ˙ᵕ˙ )

今回は、便利アプリをご紹介します。

 

 

フィリピンでは、主に車で移動する為、タクシーを良く使います。

白い流しのタクシーで移動するのも良いですが、

たまにメーターを使わないで高額な値段を請求してくる運転手や、

わざと遠回りをする運転手に出会うので、

乗車前にメーター使用を促したりする必要があります。

(高額と言ってもせいぜい500php程ですが。日本とは比べ物にならない安さです。笑)

 

 

頻繁にタクシーを利用する側にとって、

乗るたびにそういった事に気をつけるのは、結構苦です。

そんな時に便利なアプリが、「Grab」というタクシー配車手配アプリです。

 

※以前まではUberという配車手配アプリもありましたが、今はGrabだけです。

 

 

さてさて、それでは使い方を以下に書きます。

 


 

① Grabをダウンロード

「grab」で検索すれば、すぐ出てきます。

 

 


 

②会員登録

フィリピンの携帯番号を登録するため、

ここは「Use Your Mobile Number」をオススメします。

なぜなら、配車後直接運転手と連絡を取りあえるからです。

※もしFacebookとGoogleにフィリピンの電話番号を登録していれば、

それらからログインでもOKです!

 

 

 


 

③目的地の設定

おおまかGPSで現在地は自動で設定されますが、

たまに現在地がずれている時もあります。

その際には必ず設定し直してください!

 

 

「Enter destination」をタップすると、

目的地の設定画面になります。

目的地を入力すると、検索結果一覧が表示されますので、

その中から選びます↓

 

 

※今回の例では、現在地はWexcel(Burgundy Westbay Tower)、

目的地はマニラ国際空港(NAIA)です。

 

 


 

④車の種類、支払方法を選ぶ

目的地が設定し終わると、この様な画面になります↓

 

 

このままBookを押せば予約できますが、

車の種類と支払方法についてご紹介します。

上の写真には「GrabCar」と出ていますが、

そこをタップするとこの様になります↓

 

 

値段がそれぞれ違いますが、違いは下記の通りです。

 

 

GrabCar → 貸し切り(4人まで)

GrabShare → 他の客と相乗り

GrabTaxi → Grabと提携している白タクシー

Larger Vehicles GrabCar  → 貸し切り(6人まで)

Premium → 値段が高い分、普通のGrabCar等よりも捕まりやすい

 

 

また、先ほどの写真で「Visa」の表示がありますが、

それは私がカード払いに設定しているからです。

そこをタップすると、現金払いかカード払いかを選べます

細かいお金を持ち合わせていない場合、カード払いが便利です。

 

 

カード払いの場合、下の画面の様に、

「Add payment methods」から、「Credit/debit card」を選択し、

ご自身のクレジットカードを登録してください。

 

 

 


 

⑤予約する

車の種類、支払方法を選び終えたら、「Book」をタップします。

すると、この様に近くにいるドライバーを探してくれます↓

 

 

通勤帰宅ラッシュ時等、なかなか捕まらない場合もありますが、

大概すぐ見つかります↓

 

ドライバーの名前、車のナンバー、車種、色まで表示されます。

そして、あと何分でドライバーが迎えに来てくれるか、

また、今ドライバーはどこにいるかが地図上に表示されます。

 

 

道路沿いで配車された車の到着を待つとスムーズです!

あとは、到着した車に乗れば、

手配した目的地まで乗せていってくれます!

 

 

 

以上です!!

いかがでしたか?

とても便利で安全なアプリなので、私はほぼ毎日使っています!!

是非使ってみてくださいね〜

 

ではでは〜

 

【過去の関連記事】

フィリピンの携帯電話(使い方)