Blog

ブログ

ログ一覧

ぐっ、くるっ、ぱっ!!

1Blog11コラム
コラム
2019年03月20日

ぐっ、くるっ、ぱっ!!

 

こんにちは、WAKIです!

 

 

 

昨日に引き続き、今日もすこーーーーしだけ、

いつもより深めの記事を書こうと思います!!

 

 

 

 

 

今日のテーマは、「国民性の違い」です。

 

 

 

 

 

 

WEXCELに2年弱いて、様々な人と関わる機会がありました

日本から英語を学びに留学しに来てくださる生徒様、

マニラで働く駐在員の生徒様、

経営者の方、近隣の大学生の方、

などなど幅広い年齢、職種の方々とお話しする機会がありました。

またその傍ら、ピアノの講師もしています。

 

 

そんな立場だからこそ、日本人だけでなく、

関わるフィリピン人の方々の職種や年齢も様々です。

 

 

もちろん、もっと比較できない程長く滞在している人はいますし、

こんな2年弱ぽっちで大きな事を言えるわけではありませんが、

大まかに感じた国民性の印象を書いていこうかと思います。

たかが小娘(もう小娘と言えない歳だろ!とのつっこみ、どんどんどうぞ)

の戯言だと思って読み流してください。笑

 

 

 

 

 

 

 

まずフィリピンに来て思った事は、

おしゃべり好きで、ほとんどの人が明るい性格。

私のイメージ、「なんくるないさ〜」みたいな考え方の人が、多いです。

(沖縄の方々、すみません)

現に、沖縄からいらしたWEXCELの生徒様が、

似ている部分が多い!!とおっしゃっていました。

 

 

それに対して日本人は、繊細!!

これでもか!!ってくらい細かいところまで

なんでも気にする人が多いイメージです。

(私も割とそのタイプで、ネガティブ思考タイプですが!笑)

 

 

 

 

 

 

どちらも善し悪しありますよね!!

そして、この違いから思った事は、

フィリピンで起こる詐欺と日本で起こる詐欺の多さ

に繋がるのではないかと。

 

 

 

詐欺って、ルールがきちんと定められ、

公になっているか、いないかで結構変わってくると思うんです。

細かいところまできちんとしている日本では、

そのルールがきちんと公になっている事がほとんど。

だからこそ、日本ではその詐欺も、

金額的に大きな事象が比較的多いのではないのでしょうか。

 

 

 

逆に言うと、小さな日常の詐欺件数が、

フィリピンは日本に比べ圧倒的に多く感じました。笑

 

 

 

 

 

 

 

例えば日本とフィリピンの駐車場の違い。

日本ではどんなに小さな駐車場でも、

ほとんど管理が行き届いていますよね?

看板に料金が記載されていたり、

コインパーキングなんかは機械で管理されていますよね。

 

 

フィリピンでは、「このおじさん本当にここの駐車場の管理者なのか?」

というような人が、発車直前にタガログ語で集金しに近づいてきます。

そして30~50ペソ程を徴集されますが、

レシートがない事もしょっちゅう(笑)。

(※ビジネス街やショッピングモール等はきちんと管理されていますが)

 

 

ひょっとして、ぼったくられたのかな、、、?

と思っても確認する術もありません。

そして、まあ少額だしフィリピンだからしょうがないや、、、

と諦めます(笑)

 

 

それをフィリピン人の友人に愚痴っても、

「それは僕もわからないや、あきらめるしかないね、、、hahaha」

みたいに流される。

 

 

 

 

 

 

 

これはほんの小さな一例です!!

国民性の違いで詐欺を挙げた事自体も、ほんの一例です!!

 

 

 

 

 

 

 

こんな腑に落ちない物事が、毎日1つ(いや、2つ、3つ?笑)

くらいのペースで発生します。

「なんくるないさ〜」のような適当さから、

平気で嘘をつけてしまう事にも結びついているのだと思います。

(沖縄の方々、ここは違いますよ!!すみません)

この小さな嘘たちに最初の頃は毎回怒っていましたが、

フィリピンで働かせてもらっている以上、

「流す、あきらめる、受け入れる」しかないのです(笑)

 

 

 

インターンやピアノの講師をし、

様々なフィリピンの人たちと接しましたが、

その国民性の差に慣れるまでが結構大変でした。

(とはいえ私の仕事はそこまで大きなものではないため、

マニラで働く日本人の人たちを心から尊敬します)

きっと、日本で暮らす外国人も、

同じ様に大変な思いをされているんでしょうね、、、

 

 

 

 

日本で当たり前に定められているルールや概念は、

フィリピンや他の国では通用しません。

外国で働いたり、住んだり、または海外旅行だとしても、

その国に行くと言う事は、

その国を充分に理解しないといけないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

よく、「マニラは治安が悪い」という声を聞きますが、

犯罪に巻き込まれる様な人は、

その国を理解しようと努力していない人がほとんどだと思います。

 

 

自分の概念を外国で押し付けようとするから、

犯罪が増えるのではないでしょうか。

または日本という先進国で生まれ育った優越感に浸り、

発展途上国を下に位置づけ、自然と傷つけてしまっている事など、、、

あるんじゃないでしょうか。

 

 

どうしても、ほとんどの日本人にその位置づけの感覚はあると思います。

しょうがないです、ずっと先進国で育って来たのですから。

日本がフィリピンより発展しているのは一目瞭然ですし。

ただ、それをどう外に出していくかで、

犯罪に発展していくかいかないかが変わるのだと思います。

 

 

 

 

 

理解をしようと努力さえすれば、視点が変わり、

とても快適に、楽しく安全に暮らす事が出来ます。

 

 

「ぐっ、くるっ、ぱっ!!」です。

 

 

 

 

はい、昨日に引き続きドラマ「3年A組」の柊先生の言葉です。

ここまで感化されていたとは、自分でも驚きです。笑

 

 

大事な決断をするときにはグッと踏みとどまって、

クルッと頭を一周させれば、パッと正しい答えが浮かぶ。

 

 

柊先生、素敵です。

話が逸れてしまいました。笑

 

 

 

 

 

 

 

とにかく!!

海外を訪れる際に大切な事は、

その国を理解しようと、努力をする事。

 

 

これがこの二年弱で出した私なりの結論です!!

私なりの考えなので、人それぞれ考え方は違うと思いますが、

こう考えさせてくれた環境に、感謝です。

 

 

 

 

 

ではでは長くなってしまったので、このへんで!!

 

 

 

 

 

 

【過去の関連記事】

Let’s think !!!!! ( -`ω-)✧