News

おしらせ

フィリピンの新しい法律!

2016年06月01日

 

昨日、授業中にJennyとフィリピンの法律についてお話ししました。

 

 

 

先月フィリピンの新大統領が決まって、法律が厳しくなったそうです!

 

 

 

6月(本日より)施行される法律がたくさんあるそうですよ~

 

 

 

 

ご存じの通り、新大統領ドゥテルテさんは結構発言が過激です。犯罪者は失せろ!マニラ湾の魚のエサになれ!人権なんか忘れろ!などなど。フィリピンのトランプとまで言われ、独特の存在感を放っていますよ(^^)

 

 

 

「人権に関する法律のことなど忘れろ。バカな犯罪者は目の前で殺す!」

 

 

 

・・・すごいですね(;゜ロ゜)

 

 

 

さてJennyの話に・・・まずびっくりしたのが、17歳以下の子供が夜10時から朝5時に外に出ていたら、その子の親(片方)が代わりに刑務所に入れられるという法律・・・。

 

 

 

昨日の時点で9人の母が捕まったとか・・・>< 子の責任は親の責任ですか。

 

 

 

でもこれで子供が親に迷惑かけちゃいけないと思って、夜間に外出する子が減るかもしれませんね。犯罪に巻き込まれたり、荷担したりすることがなくなるかも。

 

 

 

当然捕まえるのは警察官ですが、フィリピンでは警察も信用できない・・・といっても過言ではないのです

 

 

 

その警察について取り締まりが強化する!!

 

 

 

例えば、薬物検査を年に3回行うそうです。勿論、体内から薬物が検出されたら即クビ。

 

 

 

いいんじゃないでしょうか。まずは警察からよくしていきましょう。

 

 

 

他にもですね・・・ある場所ではストリートチルドレンが多いのですが、人口を調整するために1家族につき3人子制作を施行するとか。

 

 

 

Keiによると、貧困層に子供が非常に多く、ストリートチルドレンを生み出しているそうなのですが・・・仕事がないからやることがないので子作りに励むとのこと・・・。

 

 

 

これがバリバリ働いている家庭、上層・中間層であれば、これは意味ないらしいです。だから仕事を増やすのが解決策といっていました。

 

 

 

まだ始ったばかりなので、これら法律がどのようにフィリピンを変えていくのか、見守りましょう。

 

 


 

もし面白いと思ったら下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキングが上がるので嬉しいです。