Blog

ブログ

ログ一覧

謎の価格設定

1Blog5学校周辺案内
学校周辺案内
2016年02月15日

謎の価格設定

フィリピンには日本程の物ではないが高速道路が何本か存在する。

 

この高速道路が今、近代的な首都高速道路に少しづつ近づきつつある。

 

まずNLEX(North Luzon Expressway)SLEX(South Luzon Expressway)という道路。

 

この二つはルソン島という日本で言う本州の様な主要な島を縦断する動脈の様な道路なんです。

 

が、しかしこの二つは繋がっていないんです…

 

東北自動車道と東名自動車道が首都高によって繋がっている様にはなっていないんです…

 

南の端っこと北の端っこに使った資金を中央の接続に何故、使わなかったんだい?

 

しかしこの問題も間もなく解消される兆しが見えて来ています。

 

接続計画に向けて空港近く等で高速道路工事が始まっていて、これがまたもの凄い早さで進んでるんです!

 

APEC開催まではね

 

APECまでに工事が完了しなかったので、明らかにスピードダウンしました。

 

まったく、見える所だけ綺麗にしようって言うフィリピン政府あるある

 

さておき、この高速道路では謎の価格設定がされている事に最近、気がついたのです。

 

A地点、B地点、C地点の順にあるとします。

 

A地点からC地点まで高速利用の際は無料で通過できますが、A地点からB地点までの利用の場合は20ペソの通行料金が発生します。

 

おかしいよなぁ。

 

あとCAVITEXという高速道路。

 

これは短い高速道路なので出口が三つしか無いのですがね、これがまた面倒なんです。

 

A、B、Cの順であったとします。

 

Bだけ料金所が無いんです。

 

AとCは通過する場合はそれぞれ支払いが発生すると言うシステム。

 

このBで降りればどちらかの支払いのみで降りられるのですが、面倒で仕方ない。

 

料金を一律にして一回の支払いにして下さいよ…

 

以上、フィリピンで運転した際に感じた高速道路あれこれでした。

 

あでぃおす

 


もし面白いと思ったら下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキングが上がるので嬉しいです。