Blog

ブログ

ログ一覧

暴露!!英語学校の実態。

1Blog11コラム
コラム
2016年01月18日

暴露!!英語学校の実態。

おはよう御座います。

 

さて皆さん、今日は英語学校という物の実態を紹介致します。

 

いくつかの英語学校の経営者様達からは、ひょっとしたらさらしてほしくないであろう実態です。

 

我々、潰されちゃうかも!?笑

 

まずフィリピン英語留学というビジネスモデルについてどう思いますか?

 

儲かりそうと言う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

が、そりゃあ間違い!!

 

今やフィリピンには多くの英語学校が乱立し、参入障壁も高すぎず低すぎず。

 

個人の資本でも設立できてしまうのが正直な所。

 

現にうちの学校も出資者は数名程度ですが、ほぼ二人の資本が占めています。

 

大体400~500万円程の資金を用意すれば小さな学校はできてしまうんです。

 

そしてそんな理由から学校が乱立しているんですね。

 

故に古参の学校に有利な環境であり(どの業界でもそうだが)、少なくとも私が今までみてきた中では、往々にして古参が努力を怠りがちである。

 

実際、古参の学校は集客努力をあまりせずとも既に集客ができる状態ができていて、留学エージェントとのつながりも多い。

 

そういった環境でありながら、儲けていながらも施設修繕費に費用はあてないし、日本人従業員に対する報酬も低い。

 

そして最終的にはサービスの質の低下を生むわけである。

 

事実、私もそんな古参の横暴なやり方をもろにくらった一人である。

 

元々、他の古参英語学校にて働いていた私はフィリピンサイドの現場を取り仕切っていた。

 

給料は無いに等しく、休日の生徒様のピックアップは当たり前。

 

上司もいたのだが、給料をもらっているのにも関わらず非効率的でアホみたいな指示ばかり。

 

社長はオフィスに顔も出さずに毎日ゴルフに女遊び

 

私の性格上、理不尽な事には我慢できずに真っ向から対立する事が多いので、上司並びに社長と対立。

 

結果、クビにされ、最後には真夜中に寮を追い出されたと言うわけ。笑

 

そして施設もGで始まる黒い害虫は当たり前にでる。

 

この国そもそも多いんですけど、努力で大きいGの発生は防げます。

 

僕は首に大きい奴が降ってきて乗った経験もあります。笑

 

そして寮の中で羽アリ大量発生とかね。

 

もう鳥肌ものでした…

 

以上の二点、お客様に接する最前線で働く日本人達の多くは以上の事から不満を抱え、結果お客様の満足度低下につながっていく事、施設修繕をしないで害虫がでる。お客様本意ではないのだ。

 

だがお客様の満足度が維持できている理由が一つある。

 

そう、講師です!!

 

そもそもシャイな日本人に対して明るいフィリピン人講師は相性が良く、古参になればなるほどベテラン講師を抱えている。

 

ベテラン講師は当然、生徒と友達になるのもうまければ、生徒がくすぐったい場所も心得ていて、そんな講師達がこの状態を支えているわけです。

 

生徒様が英語の授業で満足するエッセンスは講師が80%、カリキュラムが20%と私は考えています。

 

だからカリキュラムをテキトーにしておいても問題無しなんです。

 

だってそんな良い先生に当たった生徒さんは寮が多少汚かったり日本人スタッフの対応が最悪なんて事に遭遇しても、満足して帰国していくってことが多いのだから。

 

結果、お客様本意にやっている学校を探すのが生徒様にとっては一番良いと思いますよ。

 

留学を検討されている人は、口コミを参考にしたり留学経験者に僕がここで申し上げた点を重点的に聞いてみたりする事が良いかもしれません。

 

ちゃんとやっている学校もあるので、そこは忘れないで下さいね!

 

あくまで中にはこんな学校もありますよって事。

 

ではでは、あでぃおす!!

 

 

下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキング向上に、ご協力願います。