Blog

ブログ

ログ一覧

周囲から高評価を得る為には…

1Blog11コラム
コラム
2016年10月17日

周囲から高評価を得る為には…

ご無沙汰しております、校長です。

 

ブログの更新をサボり続けており、申し訳ございませんでした。

 

意外にも、こんな僕の記事を待ってくれている人がおり、「まだ書かないの?」、「あなたの尖った記事を読みたいんですよ」とありがたいお言葉を頂いた事もしばしば。

 

さて、表題の件に話題を移していきたいと思います。

 

まずはこの件に関して書こうと思ったきっかけですが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が事の発端。

 

ある日、僕は某SNSを閲覧していたところ、以前に1度だけお会いした方の投稿を目にし、彼自身のインタビュー記事を某サイトにて取り上げられたと紹介していました。

 

年中暇な僕は、この記事を読む事にし、そのページへ。

 

かっこいいですね、記事の内容は。

 

当然ね、記事の内容はかっこよかったんです。

 

・自分が挫折した時の事。

・夢を追いかけた、若かりし頃のお話。

・仕事を始めてからの功績。

・どの様にして成功を収めたか。

 

彼の功績に、いちゃもんつけようとか、そんな目的ではないのですけどね。

 

ざっくりと彼の言っていた事を説明すると、人生で「仕事」という物が発生する場所では、常に周りの上を行くことを考えていたため、仕事のできるキャラクターであった。これは、いつでも目の前の事に熱中する性格だった事が影響している。そして任されたチームで効率的に人員の配置を行ったりし、大きなプロジェクトで成功を収めた。後にこれが上層部から高く評価をされ、支社長に大抜擢!!

 

なんだかなあ、と思うわけですよ。

 

本当に、嫉妬とかではなくて、なんだかなあ、と思うだけ。

 

正直に言うと読んでいてイラっとくるんです。

 

なぜ?

 

結論から言ってしまえば、あった時の服装が問題。

 

サイズが合っていないブカブカのチノパンを、無理やりベルトでズリ落ちないようにきゅっと締めている。ワイシャツ?もしわしわで、髪の毛はホストのように茶髪でロン毛。

 

なんじゃこいつ?と思っちゃいましたね。

 

茶髪やロン毛は個性で片付けてもいい。だけどさあブカチノキュッはいかんじゃろ。

 

こんな格好で、仕事に関係するお話をする場所に来ることができるって、どんな感性の持ち主なの?

 

それどころか、よく街中を歩けるよな、とさえ思ってしまう格好です。

 

極端な話、営業を始めとする一般的な業務とは異質のエンジニア、芸術家等の特殊な能力で評価を得ている方々は、身だしなみは気にしなくてもいい事だと思います。

 

だけどさ、支社長だよ?

 

そのオフィスの最高責任者だよ?

 

代表ってのはその社の顔であり、商品イメージにも影響が及んでしまう、重要なポジション。

 

故に僕が今まで会ってきた代表の方々には、少なくとも清潔感があった。

 

もちろん、僕も清潔にはする様に心がけている。

 

体の臭い、服のサイズ、髪の毛、中学や高校の体育教官に指導される基本中の基本である。

 

そんな基本もできていない奴が代表者を名乗り、更にはインタビュー記事?

 

フ・ザ・ケ・ン・ナ。

 

結局は僕がインタビューなんて受けた事ないから、嫉妬の記事になってしまうわけですけどね。笑

 

最後にまとめると、代表者たるもの、身だしなみは非常に大切である。

 

そんな基本ができてないうちに、ラッキーパンチで評価を得て、出世してもろくなことはない。

 

自分の功績は誰もが認めるものを残すまでは、友との飲みの席までで留めておくべきだ。

 

謙虚でいることを、心がけなきゃいかんなあ。

 

 

ブロトピ:フィリピンでの生活あれこれ

 

もし面白いと思ったら下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキングが上昇にご協力を。