Blog

ブログ

ログ一覧

作業効率の上げ方。

1Blog11コラム
コラム
2016年01月20日

作業効率の上げ方。

おはよう御座います。

 

今日も朝から新オフィス工事の監督してきました。

 

本当、フィリピン人の仕事は遅いです。

 

80スクエアメーターにフロアタイル貼るのに何故、一週間以上かかるんでしょう?

 

WHY?

 

2016-01-20 10.06.25

 

まずこれが今終わった作業の床タイル。

 

二人、ないし三人の作業員が毎日来てやっていたのですから、長くても三日あれば終わります。

 

日本の業者なら。

 

前のバッチぃ床はがしてセメントで貼っていくだけなのだから。

 

何故、こんなに遅いのでしょう?

 

それはすぐに浮気するから。

 

ゲスのなんちゃらってバンドじゃないけど、彼らもよく浮気しちゃうんですね。

 

一人がタイル貼ってる間に一人はトイレの防水加工処理。

 

2016-01-20 10.05.55

 

一人は壁の修繕作業。

 

2016-01-20 10.08.36

 

君たち、遅いよ!って言うと満面の笑みで「ソーリー、サー」。

 

2016-01-20 10.08.45

 

呆れちまうよ。

 

ファーストフード店に行っても、通じる現象が時折あります。

 

レジうった店員がそのままポテト混ぜに行ってみたり、番号札待ちで着席してるお客さんに持って行ったり。(日本でも見かけるが、一人一人の作業スピードや伝達時にかける時間が短い。このスピードが速いから人員が全体的にフィリピンより少ない。)

 

要するに原因は一人の人間が同じ作業に没頭していないという事。

 

ではどうすれば改善できる?

 

HOW?

まず日本のファーストフード店ではラッシュの時間帯、どうやって回していますか?

 

分業して効率を上げていますよね?

 

それはもう見事なバトンの受け渡しで、あれよあれよという間にセットの品物が揃うわけだ。

 

もちろんこっちの国でも分業はしている。だけど遅い。

 

それは分業の割り振りが下手だから。

 

ここからここまではあの人がやる、といった線の落としどころが下手なのだ。

 

ファストフード店で改善点を挙げていってみる。

 

日本のそれより人が余る程店舗におり、約1.5〜2倍の人間が店舗にいます。

下記はこの条件を念頭に考えたもの。

・レジの奴は忙しい時に基本はレジから離れない。

・ジュース専用、ポテト専用係つくる。

・テーブル宅配係。

・掃除はラッシュ時に行わない(床をのんきに拭いていたりする)。

 

これらはうちの作業員達にも言える。

 

タイル貼りをまず終わらせる事に没頭しろ。

 

タイル貼るのに全部の行程を一人でやるよりセメント混ぜ係、貼る係にわければ大分速いはず。

 

三人いる時に壁やら床で事前にやっておきたい行程を一人だけ割いて終わらせる。

 

等、挙げれば切りがないのだが、結論、無駄が多いのだ。

 

プロジェクト、作業、何でもそうだ。

 

優秀な人間、リーダーが手ほどきしてあげればすぐに終わるんです。

 

その人材が日本では地方都市のファストフード店やコンビニでもいたりするわけだが、ここには残念ながらあまりいないのです。

 

優秀な人の絶対数が少ないんです。

 

この作業員達はずっと雇うわけではないので、好き勝手やってもらって気持ちよく作業をやらせていますが、弊社マネージャー陣に対しては対応が変わります。細部まで指導してあげるんです。

 

でも3日たてば忘れる。

 

メモもとらん。

 

「何故メモとらないの?」と訪ねると「覚えられる」と言う。

 

覚えてなかった時に、「ね?メモとれって言ってるでしょ?これからとってね!」

 

で、メモをとっても無くしちゃうのね。

 

日本でもアホな奴はこのランクまではしょっちゅう見かける。が、ここではこの後もある。

 

「メモなくしちゃったのー?何でかな?」

 

「サーが私に押し付ける仕事の量が多すぎるんだよ。メモの数も多くなって無くなっちゃうじゃない!」

 

ですって。もう、呆れるしか無いんだけどね。落書きして音楽聞いて片手間で仕事してる奴が、言い訳までならまだしも僕に責任をなすり付けてくる。

 

日本ではさすがにここまでのスーパーあんぽんたんはあまりお目にかかれないのではありませんか?

 

昔はそりゃあ、烈火の如くキレまくってましたよ。

 

でもね、だめ。効果も無いしこじれるだけだから。だからこの国で怒鳴っちゃダメなんてよく言うんですね。どっから涌きでてくるんだかわからんけど、プライドも高いしさ。

 

すーぐ逆切れして、ヒステリック起こしながら退職願をちらつかせるんだよね。

 

だから最近は悟りを開いたのです。

 

こういうメモの時は、「重要なやつだけはなくさないで下さいね。」と冷ややかに言う。真剣さを伝える為には怒らずに冷たく。

 

それでも言い訳する時は「もう、いいですから言い訳は。御退室願います。」

 

と言ってあげるのです。

 

諦めて放っておくといわゆる、フィリピン人化した日本人になってしまうので、私は気をつけています。だって日本人としてこっちにいる価値がなくなる=役立たずだから。

 

とま、最後の方は愚痴っぽくなってしまいましたが、フィリピンという国の労働環境が少しわかって頂けましたでしょうか。

 

フィリピンで働く事があったら、この辺に気をつけて!!

 

あでぃおす!

 

下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキング向上に、ご協力願います。