Blog

ブログ

ログ一覧

ミネソタからの来客、グラント博士!

1Blog10インタビュー
インタビュー
2016年02月19日

ミネソタからの来客、グラント博士!

本日は久々のインタビュー企画!

 

本日、インタビューを引き受けて頂いたのはアメリカの心理学者、グラント博士

 

三年前にフィリピンへ渡り、今はデラサール大学で心理学について教鞭をとる。

 

グラント博士のインタビューは英語の勉強以前に、内容が非常に濃い物となっております。

 

英語にご興味が無い方でも楽しく読んで頂けると思いますので、是非翻訳だけでもご覧下さい。

 

では、早速グラント博士のインタビューを、どうぞ!!

 

Let’s listen to Dr. Grant Nelson!!

 

<原文&翻訳>

We were talking about culture earlier. The Philippines is an interesting culture in itselt from a relationship stand point.

先ほど文化について話しましたね。フィリピンは外交関係の観点からは面白い文化を持っているんです。

 

In some of my research that I’ve been doing is been around relatioship and commitment.

私がずっとやってきた研究は外交関係と取決めについてなんです。

 

You have a country here where over 90% is Christian and over 80% is I think, Catholic.

ここに90%がキリスト教徒でおそらく80%以上がカトリックの国があります。

 

Which is unique in itself from Asian perspective. And you have no legal divorce here. So you see a lot of abandoment or a lot of… there’s been an increase in cohabation without getting married. But there’s such a high amount of procreation too. And then kinda bouncing around and having multiple kids. (正しくはabandonment、cohabitation)

アジアと言う点ではそれだけでも特異であると言えます。そして法的には離婚できない。だから責務放棄や籍に入ってない同棲が増えたりする。そしてある意味人口爆発や子供の増加につながるわけです。

 

But there’s a very strong culture in terms of beliefs about what’s acceptable and unacceptable. Specially from a religious Christian stand point. it’s very different from where I come from.

でも受け入れられるものと受け入れられないものについては信仰と言う意味では非常に強い文化があるわけです。特に宗教としてのキリスト教と言う観点において。それは私のおくってきたものと全く違う。

 

—How is it back where you came from?

どういう風におくってきたんですか?

 

I was raised Catholic and in my 20’s became Buddhist. I grew up in a place where there’s all types of religion, all types of individuals. In your culture… differences I know in your culture here culture there… all white people in America want to have skin color like you and all Filipinos want to have lighter skin color…

最初はキリスト教徒として生まれ20歳で仏教徒になりました。あらゆるタイプの宗教が存在し、あらゆるタイプの個性の中で育ちました。あなたの文化において、ここでの文化とあちらでの文化の違い、アメリカの白人はあなたのような肌の色を望みフィリピン人は白い肌の色を望む。

 

—-Yeah that’s right! I was very concerned about my skin..

そうですね。自分の肌の色はとても気になります。

 

I’m like telling students or people I run into if the topic comes up that ‘your skin color is beautiful. We in the US, we want that color. People go and pay to sit in a tanning booth… a bed… and have light bulbs burn their skin so we can look like you. and here you have lotions and soaps and everything for whitening…

肌の色の話題に移すと生徒や皆さんにあなたの肌の色は美しいと言いたい。アメリカではこんな肌の色が望まれているんです。お金を払ってまで日焼けブースに出向いてベッドに横になり日焼灯であなたの肌の色になるように焼いている訳です。ここでは白くするためのローションや石鹸、ありとあらゆるものがある。

 

This is the only place i’ve ever been to where …. and maybe because Minnesota has four seasons versus like in Southern United States where it can be hot year round. But you see more people with umbrellas when its sunny that when its raining…

私が行ったことがある場所ではここだけなんです。多分ミネソタは南部、一年中熱い地域と違って四季があるからかもしれません。だけど雨の日使う傘を晴れた日に使っている人がいるでしょ。

 

—–Yeah of course, I’m lik,e that! I’d rather get wet in the rain than get burned by the sun.

勿論です。 私もそうなんです。日に焼けるより雨にぬれる方がいいくらい。

 

Right, cause you don’t want your skin burned.

そうですね。焼けたくないからですね。

 

I grew up where umbrellas were only used if it were raining. A lot of times we’ll just run from the house to the car and from the car to the building and just skip the whole umbrella thing… but they have the umbrella out when the sun is out is like… wow. That’s an interesting concept.

傘は雨が降ったときだけ使うところで育ちました。よく家から車に駆け込んで、車からビルに駆け込み傘なしで済ませる。けどここでは日がさしてないとき傘をしまう。面白い考えですね。

 

Those are all like cultural things. They’re ingrained and they’re set in early childhood. and you just grow up with it and you just think that’s how the world is.

文化みたいなものかもしれませんね。生まれつきで小さいころからしみついたものなんです。そのまま大きくなって世界中こうなんだと思ってしまう。

 

You know being psychologist too, you get training… you have classes in cross-cultural stuff. and the US is a pretty diverse melting pot of different people and different ethnicity.

心理学者みたいなもんですね。トレーニング受けてるようなもんだから。いろんな文化が交差してるところで授業を持ってる。アメリカはいろんな人種のいろんな民族性が溶け込んでいる坩堝みたいなものです。

 

There’s is nothing though, in all the years that I have spent… I have spent over 20,000 hours face to face in doing therapy with people in my adult life as a practioner. even if I’ve met with Filipinos in Minnesota, there’s nothing that could have ever prepared me for… when I moved here.

でも私が経験してきた中では全くなかった。大人になってからはセラピストとして2万時間以上フェーストゥフェースでセラピーをやって参りました。ミネソタでフィリピン人とも会いましたがここにやってきてからの経験には役に立ちませんでした。

 

I even read a thousand books about a country or something, about its culture. but unless you’re in it… i can’t even describe it. You have to live it to understand it. So these last 3 years have been eye-opening for me.

国の文化に関する書物はいっぱい読んできました。

でも中に入ってみなければ。 記述することさえできません。理解するには住んでみなければ。だからここ3年間と言うものは私にとって目を見開くことばかりです。

 

—-That’s a nice word to use!

いい言葉ですね。

 

You know, open my eyes in the sense of my ignorance about how I “oh I could work with any type of population because of this or that”, NO.

どんなタイプの人とでも働けると知らなんだという意味で目を見開いた?いや違います。

 

If I were to go back in the US, in Minnesota, and I were to see Filipinos, my therapy with them today would look extremely different than it would if I didnt have this time here. extremely different. I would have a much differernt understanding… even with poverty. I was out with lunch with a brother from De La Salle. they talked about the Philippines is… the poverty is still a good poverty. you’re no tseeing children wasted away and dead on the street. And so while people are very poor, they still are making a life and creating meaning and creating purpose…

アメリカ、ミネソタに帰ったとして、そしてフィリピン人にあったとしたら

私のセラピーはここで体験する前のものとは大きく変わっているでしょう。

私の理解は大きく変わってきている。貧しさに対しても。

デラサール大学出身の兄弟と昼ごはんに行ったんですがフィリピンでは貧困は良い貧困であると話していました。捨てられて路上で死んでしまった子供を見ることはないでしょう。だから人々はとても貧しいけれど、でも生きて生活してるし、意味があって、目的があって。

 

 

如何でしたでしたか?

 

心理学者と言う事もあってか、喋り方がゆっくり、且つわかりやすいんですよね。

 

何と言うか、スーッと入ってくるんです。

 

あくまで僕にはですが。笑

 

 

もし面白いと思ったら下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキングが上がるので嬉しいです。