Blog

ブログ

ログ一覧

ニコ生だって仕事なんです

1Blog11コラム
コラム
2016年01月27日

ニコ生だって仕事なんです

最近、僕の趣味と言えばニコニコ生放送の鑑賞。

 

「オタクっぽい」とかそんなイメージを持たれているニコ生ですが、決してそんなことはない。

 

僕もハマる前はそんなイメージを持っていて観るのは気が進まなかったのですが、友人の熱烈な勧誘によって簡単に陥落。

 

では何故、ハマったのか。何故、面白いのか。ニコ生の魅力を説いていきたいと思います。

 

ニコ生とは。

・コメント機能がありチャットの役割を果たしている動画中継配信サービス。

・一般人が配信を行っている。

・誰でも無料で配信者とチャット上で会話可能。

・配信者によってはスカイプIDを公開していて通話も可能な場合がある。

 

以上の様に無料で誰でもインターネット環境さえあれば視聴可能なのである。

 

何故ハマったか?

まあなんせ暇でしたからね。

 

この1日に2本の記事を書く事を自分に対して課す前はカスでしたから。あ、オヤジっぽいね。笑

 

友人の勧誘はあくまできっかけでした。

 

やっぱり日本語のバラエティをはじめとする面白いTV放送がフィリピンでは観られませんでしたからね。帰宅後のTV代わりってことでもあるんです。

 

インターネット環境がフィリピンの回線速度でも不自由なく観られるってことも良かった。

 

何故面白い?

これはもう、一重に面白いとしか言えないですよ!!理由を教えてって言うのが無理な要求なもんで。

 

でも、それじゃダメなので頑張ってみます。

 

まずチャット機能ですね。この昨日が配信者との距離をグググッと縮めています。

 

結局、見始めてしまえば配信者さんはバラエティ番組で言う芸能人や芸人みたいな物ですから、この方々とチャットできるだけで嬉しくなってしまうんですよね。

 

例えば自分のコメントが数あるコメントの中から拾われると、その場で配信者さんが「〜さん面白いね」とか「〜さんはそんなこと考えてるんだ」とか反応してくれる。すると、お!拾ってくれた!という気持ちになり、なんだか変態の如く一人、誰もいないのにニヤけちゃう嬉しさがあるんです。笑

 

言って見ればラジオの進化版ですかね。はがきでラジオ番組に何か送って、DJさんが読んでくれると嬉しいのと近い気がします。

 

そのDJの顔が見えたりするし、リアルタイムなので、ラジオより良いのかなと。

 

でも、もちろん無数に配信者さんはいて、どの配信者さんも面白いってわけではない。

 

リスナーを楽しませるようなトーク、体を張ったギャグ、人の目を惹く美男や美女、そんな武器を持った配信者さんだけが有名になっていくわけで、何も持たない配信者は埋もれたまま。

 

結構シビアなんです。

 

ただただ、自分の好きな音楽を流してリスナーに自分の趣味を押し付ける奴、ひたすら退屈な話をだべる奴、誰も観ませんよそりゃ。

 

そんな中、爆笑の渦を毎晩起こしている配信者さんがいます。

 

彼の名は「ミネ」。この方、はっきり言って女性の方にはあまりお勧めできません。なんせ下品ですから。笑

 

反面、私みたいなアラサー男子には馬鹿ウケなんです。

 

内容の説明もしたいけど控えておきますね。笑

 

そしてミネさんが前にこんな事を言っていました。

 

「僕は、ただただ闇雲にモノマネやったり、下品な発言したりしてるわけではないのだよ、みんな。日々リスナーさんは何を面白いと思うか、何が観たいか、と皆さんが欲しがっている物を考えながら配信してる。だから何も考えずに配信している配信者には少し腹立たしいという感情に似たものもあるんです」

 

凄いよこの人。と素直に感動しました。

 

リスナーさん本位で考えるってなかなかできる事ではないと思いますよ。

 

僕は常々、従業員に言っている事があります。

 

「日本語で仕事って言うのは仕える事って書く。これはサービス業においてはお客様に仕える事が私たちのミッションなのだよ。だから常にお客様の喜ぶ事は何か?を考えながら自分の仕事に徹しなさい」

 

これってニコ生の配信者さんがリスナー本位で放送を作っていくのと本質は同じだと思うんです。

 

故に表題で「ニコ生だって仕事なんです」と書かせて頂きました。

 

仕える事って大変ですよね!

 

では今日はこれにて。

 

あでぃおす

 

 

もし面白いと思ったら下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキングが上がるので嬉しいです。