News

おしらせ

スーツケースに着せるTシャツ

2016年06月17日

 

 

が、今フィリピンで熱い(?)とのこと。

 

 

なぜスーツケースにTシャツ!?・・・・・・要はラッゲージカバーのことみたいです。

 

 

日本だと以前、お寿司の模様のカバーが話題になりましたよね。

 

 

使用の理由としては、①同じようなカバンばかりで見分けがつかない、②傷付き汚れの防止です。

 

 

買った頃は付けていたベルトで自分のスーツケースを探していました(その頃はベルト付けてる人あまり居なかったのですよ!)、しかし最近ほぼベルト装着済みかつ、ベルトも見分け付かなくてちょっと探すのが怖い!間違えて取っちゃうこともありますが、重いスーツケースを何度も持ちたくない!笑

 

 

スーツケースは雑に扱われてしまうので、傷なんて最初の旅行でバンバンつきますからね。ですので傷つくのは私は気になりません笑 むしろ勲章です。それだけ旅行したという。

 

 

 

さらに大きな理由があるのですね。なぜフィリピンでこんなに注目されているかというと、

 

 

 

昨年マニラ空港職員などによる銃弾混入事件がありましたよね!!(ちなみに狙われたのは手荷物です)その対策が、「ラップでぐるぐる巻きにする」というものだったのですが・・・(一時は、手荷物を完全にラッピングするサービスが人気を集めていたそうですよ。空港では手荷物一つあたり160ペソで完全包装してくれたという。色々なサービスがありますねえ)

 

 

 

このラッゲージカバーを利用すれば、オシャレだし、自分のものと見分けが付きやすいし、変な犯罪に巻き込まれにくい!のです。

 

 

 

最近ではさらに重量計付きラッゲージバンド防水リックサックカバー膝掛け毛布が入ったネックピローなどのラインアップもあるようです。

 

 

 

重量計付きは意外と助かるかもしれません!!

 

 

 

商品はメトロマニラのモール内や空港でも販売されているようです!!旅行に備えて購入するのもアリですね!!

 

 


 

もし面白いと思ったら下のリンクをクリック、お願い致します。

ブログランキングが上がるので嬉しいです。