Blog

ブログ

ログ一覧

スッキリ、爽快、リフレッシュ!

1Blog9その他
その他
2019年03月05日

スッキリ、爽快、リフレッシュ!

皆様、こんにちは。

まちゅんすです。

 

本日もつれづれを慰めながら、気ままにお付き合いください。

 

今回はお気に入りのお酒の話です。

未成年の方、ごめんなさい。

 

旧約聖書の創成期にも登場し、宗教との関わりや近代の禁酒令、飲みにケーションにアルハラなど、

 

文化や歴史、人々とは切っても切り離せないお酒。

 

勿論、常夏の国フィリピンでもお酒がたくさんありますが、あるお酒の世界No.1消費量がこのフィリ]

ピンなのです。

そのお酒が何であるかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はジンでした!

 

ジンと聞くと本場イギリスが思い浮かぶ方も多いかと思いますが、フィリピンでも生産がされているの

です。

ヨーロッパのものとは違い、あまり香料を使用せず、サトウキビを使ったものが主流の様ですね。

 

しかしジンといえばやはり松ヤニ。まちゅんすもそんな松ヤニが効いたロンドンジンが大好きなのです

が、日本人にとってはクセが強く敬遠されがちなのも事実。

そんな方におススメしたいのが、、、

 

そう!ジャパニーズクラフトジン【ROKUでございます!

 

日本ならではの6種のボタニカル(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)を使用。商品名の由来にも

 

なっている6種のボタニカルを、それぞれ旬の時期に収穫、素材の特長に合わせた製法で蒸溜すること

 

で、桜の香りや爽やかな柚子とお茶の風味、後味に感じる山椒のスパイシーさなどを引き出した。

 

伝統的なジンの8種のボタニカルも使用し、日本人の繊細な技術によってバランス良くブレンドするこ

 

とで、複層的で繊細かつスムースな味わいを実現。

 

引用:https://www.suntory.co.jp/news/article/12905.html

 

ビンの形も六角柱になっており、なんともシャレオツでございます。

とあるホテルの試飲会で出会いましたが、安価なものが多いジンの中では、中々の価格設定、、、

機会があったらにしよう、、、と日々、安酒で我慢しておりましたが、ついに入手することができました!

 

所用でいらした女神様(WAKIさんのお母様)より頂けたのですね。

 

あぁ女神様!あなたは日頃の善行を見てくれているのですな!!

 

上述もしましたが、癖のある松ヤニの香りはあなりなく、柑橘系が香るスッキリとした口当たり。女性

 

にも飲みやすいお酒です。

ロックでもいいですが、南国らしくジントニックで天気の良い日にバルコニーで飲むものおススメで

す。

 

※もともとジントニックは熱帯病対策が起源なんですね。

 

仕事や勉強疲れにひと休み。たまにはお昼からリラックス。

そんなあなたに、レモンを添えた素敵なジンタイムを。

 

※日本の空港や、フィリピンの外国人向けグロッサリーでも販売されておりますでの、自分用でも良し、贈呈品としても良しなROKUをお試しください。

 

【過去の関連記事】

・終わりの始まり

たんきゅう・たんてぃん・たんたんてぃん!

国際社会の教養ってなぁに?

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、まちゅんすです。今回は日本人にオススメのお酒を紹介します。https://t.co/KjLpI1im7D #wexcel #お酒 #ROKU #ジン pic.twitter.com/rEk6qXqjS8

— フィリピン留学 WEXCEL (@Wexcel_Language) 2019年3月5日